業者依頼への傾向|改修や解体工事で事業円滑化【業務環境快適化ガイドライン】

改修や解体工事で事業円滑化【業務環境快適化ガイドライン】

業者依頼への傾向

作業担当者

個々の工程を担う業者依頼への傾向

店舗の改修工事においては多数の要素が関わってきます。既存のものの解体工事から始まり、具体的に行なって欲しい箇所への解体や改修工事に加えて、それがインフラへの影響が伴う場合には補強工事等や電気、水道、ガス等の工事も必要になります。また、施工内容を具体化するためのデザイン料もかかることが多く、総じて見ると簡単な工事でも数百万円がかかってしまいます。今後のトレンドとしてこういった改修工事にかかる費用をいかに節減するかということがポイントになっていくと予想されます。その1つの形として主流になりつつあるのが、専門の改修工事業者に全てを任せるのではなく、個々の工程を安価に担う業者に依頼する方法です。こういったアプローチによる費用節減はトレンドとして広まっていくでしょう。

自分が監督となる意識が大切

改修工事における施工内容は多岐に渡っており、それを1つの業者に依頼するから高くなるということは明らかです。それだけ多くの専門的人材を同時に抱えていなければならないため、人件費の面でとても大きくなりがちだからです。そういった観点から個々の工程をそれぞれの専門業者に依頼することで安価に改修工事を実現できます。ただし、気をつけなければならないのは、工事全体を監督するのが自分になるため、その全容を正しく理解しなければならないということです。こういった全容を見ることも一括して行なってくれる業者であれば、担ってくれるので費用の高騰につながっています。逆に言えば、それを自分が行なうことで費用の節減につなげることができるという考え方で実施することが大切です。